FC2ブログ
ゲームや百合・漫画・アニメ等の趣味についてマイペースに語るブログです

スプラトゥーン(8)フェス結果発表!ダイナモやチームについていろいろ

今回のフェスでは海の幸チームが勝率51%で勝利しました!
前回に引き続き2連勝・・・うれしいです(*^_^*)

私の戦績は123戦93勝でした。

2015-11-22-180024.jpg

画像はテレビの映像をVITAで撮ったものなので見づらいですが、チョーシ+41まで連勝できて、えいえんの海の幸ガールになれています♪

割と勝てたので自分も満足のいく結果になりました!
123戦のナワバリバトルということは6時間ちょいプレイしていたんですね・・・びっくりw

ナワバリバトルなので、得意なダイナモをずっと使用。
モズク農園、マサバ海峡大橋、キンメダイ美術館はマサバ以外はダイナモで塗りやすいステージなのでけっこう勝てました。

マサバは真ん中あたり以降まで進軍すると、警戒すべき場所がとても多く、動きの遅いダイナモでは咄嗟の対応が難しいのと、単純にチャージャーがいると縦長のステージでは動きづらい2点がやりづらかったです。

ゲームパッドをこまめに確認して、敵のいる場所をある程度予測した上で別の方向から塗り進めたり、仕留められそうであれば仕留めるという風にやってはいましたが、チャージャー2人いると進路が塞がれてもう勝ち目がないw

いいチームに入れると必然的に連戦になるので、背後からの攻撃に対応しきれず相討ちになってしまったりして、迂闊な場面が目立っちゃいました。休憩大事w


昼ごろに一緒に連戦した神チームは本当にやばかったですw
わかば2人・ロラコラ1人・ダイナモ(自分)の構成。

各自別ルートを塗り進めていき、とりあえず敵を倒す。相手のリスポーン地点に敵を押し込め、わかばとローラーがフルボッコにするのを繰り返し、その間に自分がインクをステージにばら撒き塗りまくる。中間地点に陣取り、3人の攻撃から逃げた人を倒して塗りかえす。残り時間が少なくなったらみんなに合流してリスポーン地点で敵をボコるというえぐい戦法でずっと勝ち続けましたw

ずっと80%近くこっちのナワバリでした・・・回線落ちしてないのに敵かわいそうww

わかばが2人いてバリアーを使えるというのが大きかったです。
なにより、みんなが不思議とやられないw
バリアーがなくても強いあの3人だからこそできた戦法だと思います。
リザルト画面のデス数もみんな2以下なことが多かったです。キルは2ケタなのにw

「ナイス」「カモン」でしか意思の疎通ができないのによくできたなと思ったり。
連勝し始めてからは開幕ナイスでチームワーク完璧でした!まじで神だった・・・

20連戦ほどして少しづつ人が離脱。
休憩の暇がないので、ご飯、用事、トイレなりでやむなく離脱せざるを得ないときはあるので仕方ないw



チームが変わり、勝ったり負けたりを繰り返しつつ、深夜にまた神チームに遭遇。
ボールドマーカー、ロラコラ、チャージャー(ワカメだったかな?)、ダイナモの構成。

このチームのすごかったところは、
・ビーコンの配置
ビーコンをチャージャーの狙撃に適した場所や、見つかりづらい・壊されにくい場所に設置。
やられたとしてもすぐに立て直せるので攻め込まれなかった。

・開始直後に、ステージごとにみんながどのルートで進みたいかがわかるので行動が早い
何度も一緒に戦ったので、あの人はあそこからあそこに行って何をしたいかとかがなんとなくわかってきてました。暗黙の了解のようなw そのおかげで進軍がとても早い。

・先読みが上手い
敵の動きを先読みして、進路を上手く絶ったり返り討ちにするのがとても上手かったです。

・・・などなどいろいろすごかったのですが、単に対人戦が強いというのもありました。
本当に何度も思ったのですが、敵に回したくないレベルですw

自分は一番最初にえいえんになったものの、ランクは42で他の3人は50だったので、みんな経験を積んでいるからこその立ち回りだったのかなと思います。
みんなの立ち回りを参考にさせてもらいました!感謝感謝です。

一番このチームが神だと思ったのは、チーム全員がえいえんになった直後の試合での開幕ナイス。
みんな同時に、誰1人遅れることなく開幕ナイスを押したときは「このチームで良かったー!」と思いました!時間戻してもう一度試合を楽しみたいぐらいw

その試合も大差で勝って、徐々にメンバーが抜けていきとりあえず休憩。
チーム2人からはフレンドリクエストもいただきました。また遊びたい!と思う反面、ガチマッチで自分の実力では足を引っ張るんじゃないかとビクビクしてます(チキン)
練習せねばw

あとフェス中は服の装備がフェスTで固定なのが地味にキツいですね。
いつもは
頭 インクメイン効率アップ
服 インク回復力アップ
靴 安全靴
あとはイカダッシュをちまちま積んだり、インク回復力をもう少しと、スペシャル増加率を少し上げています。
安全靴はダイナモの生命線ですが、インクをまき散らしていかないとナワバリでは勝てないし、全員が同じ目的地を目指して戦っていくガチバトルとは違うので、インク効率とインク回復力を取り、交戦をいつもよりある程度避けつつ、最前線の少し手前でサポートするような戦い方を選びました。

戦いの途中で自分の足元を塗るのが難しい武器なので、敵のインクに足を取られてやられることもしばしば。そんな中、一緒に戦っていたシューターの人が足元を塗って助けてくれたりしたこともありました。あれはナイス不可避のプレイ!ありがたやーw

開始直前に相手の武器を確認して、射程の短い武器もしくは対人性能が低い武器だった場合は少し積極的に仕留めにいってみました。射程で圧倒できるのと、確定1発の安心感があるので多少ふてぶてしく構えていられます。

射程のあまりないシューターならバックしながらジャンプ撃ちすれば大体勝てます。
塗り性能もこちらが上なので徐々に距離を詰められるし、近くに柱があれば自分の得意な、障害物を盾にした戦い方もできるので。チャージャーが敵にいなければですが・・・

ある程度塗り固めてから柱にセンプクしつつ、カメラだけを柱の反対側に向けて敵がいるのを確認してからジャンプ撃ちすると強いです。

ダイナモの弱点はローラーを振りかぶってから振り下ろすまでに1秒強かかるこの攻撃動作の長さ。障害物を盾にしつつ振りかぶり、振り下ろし終わるぐらいに向こう側の敵を射程に捕えるように動けば、その弱点をカバーできます。

少し入り組んでいるマサバなどではスプラローラーなど小回りの利くものを使って、障害物を使って戦った方が強いですが、モズクとキンメダイではダイナモの方が使いやすいので・・・

邪魔な敵を片づけたいときには、まず相手の大体の位置を把握した上でインクをそのあたりに思い切り散りばめてみる。ダメージを与えた手ごたえがなければ綺麗に塗るのではなくまばらに散りばめる。これで相手の行動範囲をある程度限定。少しセンプクでインクを補充しつつ様子を見て繰り返す。
足を取られた敵が自分の足元を塗ろうと現れたらチャンス。相手との距離が近ければ一撃で仕留めてもいいし、インクに余裕がある場合はスプラッシュボムを敵の背後か手前にに転がして逃げ道をふさいだ上で、インクをかけてやります。どちらにぶつかっても確定1発。

これはチャージャーをやっているときの戦い方を参考にしました。
狭い範囲を綺麗に塗りつぶしていくのではなく、敢えて広い範囲をまばらに塗り、相手をあぶりだして仕留めれる確率を上げる。射程の長い武器だからこそできる戦い方なのでダイナモでも使ってみました。

ダイナモで80万の面積を塗ってきたのでいろいろ技が身についてきましたw
ダイナモは遅いから塗り以外弱いとか一部で言われていますが、使い方次第です。
あれだけ弱いと言われているスクイックリンだって、上手い人が使えば強いです。
フェスで強い人たちと戦えたのもいい経験になりました。

一緒に戦ったチームのみんなありがとう\(^o^)/
得票数も少ないと思いきや僅差で多かったけど、勝率も勝ってて良かった。
次回のフェスも楽しみです!腕を磨かなければw

スプラトゥーン 2016カレンダー 壁掛けスプラトゥーン 2016カレンダー 壁掛け


エンスカイ
売り上げランキング : 160

Amazonで詳しく見る


amiibo スプラトゥーン 全3種セット ガール ボーイ イカamiibo スプラトゥーン 全3種セット ガール ボーイ イカ


任天堂
売り上げランキング : 47

Amazonで詳しく見る


関連記事
スポンサーサイト



  11/22 スプラトゥーン トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちゃっぴー

Author:ちゃっぴー
ゲームと百合が主食の♀
ゲーム/主にRPG、アクション、音ゲー、SLG クレーンゲーム

アニメ、女性声優さん、ヴァンガなども好き/百合は二次でも三次でもどんとこいです セラムンのカリスマと静なつLOVE

■好きなシリーズ
テイルズ、FF
サモナイ、アイマス、
ペルソナ(3~)、
イナイレ、逆裁・逆検、
ダンガンロンパ、龍が如く、
DIVA、BASARA、
アトリエ(ロロナ~)
BLAZBLUE、GUILTY GEAR
妖怪ウォッチ

■現在プレイ中のゲーム

スプラトゥーン
♯FE幻影異聞録
MOTHER(DL版)
太鼓の達人wiiu特盛り

スクフェス ねこあつめ

■音楽/EXILE、シド、B'z、ONE OK ROCK、UVERworld。。etc

カテゴリー
スポンサードリンク
ゲームのベストセラー
カウンター